新着情報

窓の断熱リフォームのメリット


 

 

冬の寒い日に、部屋の中にいるのに寒く感じることはありませんか?

それは、「窓」が原因かもしれません。

窓は、その建物のなかで一番薄く、防寒対策をしていないと、熱が外に移動するだけでなく、

冷気が部屋の中に入ってきてしまいます。

そうすると、部屋の中にいても寒く感じてしまうのです。

熱を外に逃さずに、また冷気が部屋に入ってこないようにするために、窓の断熱リフォームがおすすめです。

 

冬の寒さ対策に窓を断熱する理由

熱は、温度を一定にしようとして、温度が高いところから低いところへ移動します。

この性質から、夏は部屋の中を冷房で冷やすので、外から部屋の中へ熱が入ってきます。

また冬は、部屋の中を暖めるので、その暖気が建物の外に移動しようとします。

そして、冷気や暖気の通り道として多いのは「窓」です。

窓は、建物を覆う建材の中で、一番薄い部分となっており、

夏だと外から部屋の中に熱が入ってくる割合はおよそ70%、

冬だと部屋の中から外に熱が出ていってしまう割合は50%近くにもなります。

ちなみに、壁や屋根などは10~20%程度の割合で、熱が外に逃げてしまいます。

このことからも、暖かい部屋をつくるためには、窓の断熱性能を高め、

熱の出入りを少なくすることがとても効果的なのです。

 

断熱ガラスのメリット

窓を断熱リフォームしていると、外気の影響を軽減させることができるため、

結露の防止対策にもなるのです。

断熱ガラスにすることのメリットは大きく2つあります。

1つ目は、冷暖房費の節約になるということです。

前述にもありますが、窓は建物の中で一番薄い部分で、壁や屋根などと比べ、熱の出入りが多いです。

それだけでなく、窓からは外気が多く入り込むこともあり、

寒い冬であると、冷たい外気が部屋の中に入り込んできます。

空気は、下にさがる性質があります。

このことから、冷たい外気が部屋の中に入り込んでくると、冷たい外気が下にさがることにより、

床が冷たくなり、足元が冷えてくるのです。

部屋の中を暖めるために、多くの方は暖房を使用しますが、冷たい外気が入り込んでくる上に、

暖気が外へ出ていってしまうため、暖房の温度を上げる方も多いのではないでしょうか。

このようにして、暖房の温度を上げることで、電気代が多くかかってしまいます。

つまり、窓の断熱性能が高いと、熱や外気の移動が抑えられ、暖房の温度を下げることができるのです。

これは、冷房も同じで、部屋の中の冷気が外に逃げたり、

外の熱い外気が部屋の中に入り込んでくることが減るため、冷房の温度を上げることができます。

その結果、冷暖房費の節約に繋がります。

地域などによりますが、年間での冷暖房費を1万円以上節約できたという方もいます。

メリットの2つ目は、結露の防止にもなるということです。

冷たい外気で冷えた窓に、部屋の中の暖気がぶつかり、空気が冷やされることで、

窓ガラスに水滴ができしまい、これを結露といいます。

結露が発生すると、カーテンが濡れてしまい、カビやダニの発生にも繋がります。

窓を断熱リフォームしていると、外気の影響を軽減させることができるため、結露の防止対策にもなるのです。

 

断熱窓リフォームは補助金を申請できることも!

住宅の窓すべてを、断熱窓にリフォームするとなると、費用は多くかかってしまいます。

断熱窓のリフォームは、冷暖房費の節約ができるため、一定の省エネ効果が見込まれた場合に、

国や地方の自治体から補助金を申請し、受け取ることができます。

費用を安く抑えることができるので、断熱窓へリフォームする場合は、補助金の申請をおすすめします。

 

断熱窓をリフォームして快適に過ごそう

窓は、住宅を覆うもののなかで、一番熱や外気を通しやすい部分となっています。

そのため、窓の断熱を行うことで、断熱性能は高まり、夏は涼しく、冬は暖かく快適に過ごすことができます。

巧エコリフォームでは、

お客様のご予算・ご希望にあわせて「床」「天井」「窓」などの中から最適な断熱方法を提案しております。

リフォームを迷われている方はお気軽に無料の断熱相談をご利用ください!

 

埼玉県の省エネリフォームは巧エコリフォームにお任せ下さい。


会社名:巧エコリフォーム

住所:〒340-0155 埼玉県幸手市上高野1-15-12

TEL:0480-44-8887

営業時間:9:00~18:00 定休日:日曜日

対応エリア:埼玉県全域

業務内容:リフォーム